広報ブログ

芝浦グループホールディングス

2014.03.10

飯塚市と立地協定を締結しました

芝浦グループでは、飯塚市大分にメガソーラー発電所を建設することになりました。

飯塚市で3箇所目のメガソーラーとなりますが、今回の「飯塚大分発電所(仮称)」は飯塚市の市有地にて発電事業を行います。

そこで、飯塚市役所で立地協定の調印式を行いました。

P3100018

 

飯塚市と協定を締結するのは、九州ソーラーファーム6鯰田発電所 以来、2回目となります。

調印式は、飯塚市役所 市長第一応接室にて行われました。

調印は、飯塚市 齊藤 守史市長 と 芝浦グループホールディングス株式会社 代表取締役会長兼CEO 新地哲己との間で執り行いました。

地元新聞社にも数社、参席していただき、調印の様子などを取材していただきました。

 

IMG_5715

 

協定は、民間活力を活用した市有地の利用により、地域社会における太陽光発電の再生可能エネルギーの導入を進めるとともに、エネルギーの効率的利用を推進することを目的としたものです。

 

IMG_5722

 

飯塚大分発電所(仮称)は、現在 用地の各種手続きを行っており、平成26年7月に芝浦特機株式会社による建設工事がスタートする予定です。

芝浦グループでは、この立地協定に基づき、事業を進めてまいります。途中経過につきましては、またこちらでお伝えいたします。

 

 

 


PAGE TOP