広報ブログ

ニューガイアアグリ

2019.04.12

【アグリ事業】2019年度ゼスプリ販売方針説明会に出席

 
4月9日、東京ドームホテルにて開催されたゼスプリインターナショナルジャパン
2019年度販売方針説明会(トレードコンファレンス)に出席しました。
 

 
ニュージーランド本社からダニエルCEOはじめ、生産者代表としてブルース新会長、
生産部門トップのシーラ代表、日本法人の安斉社長ら主要経営陣が顔を揃え、
会場には流通店舗のバイヤーや生産者、協力会社、報道陣など約300人が参加しました。
 

▲ダニエルCEO
 
「日本はニュージーランドキウイの販売拠点として重要な市場。
過去最大の販売量を記録した昨年度に続き、今年は4月から昨年比150%の輸入量が確保できており、
良いスタートダッシュが切れた。味も昨年同様に良好」と同社。
 

 
昨年のセールスキーワード「完熟キウイを食べてみて」に代わり、
5月中にもキウイブラザーズによる新たなコマーシャルが展開される予定です!
 

▲キウイブラザーズがいっぱい

 
 
**********************************************
 
 
また、同社は国産キウイフルーツ生産委託事業を分割し、
4月1日付で新会社 ゼスプリフレッシュプロデュースジャパン(株)を設立しました。
 

▲ゼスプリフレッシュプロデュースジャパン/シーラ代表(右)と芝浦グループホールディングス/新地社長(左)
 
これまで福岡市西区にあった福岡事務所を移転し、中央区赤坂に新事務所を開設。

 
事務所が弊社と近くなったことで、今後もさらにゼスプリ社との連携を深め、
今年10月の日出大神ファーム初収穫に向けて、スタッフ一丸となって取り組んで参ります!
 
 


PAGE TOP