広報ブログ

ニューガイアアグリ

2018.11.16

【アグリ事業】《ニュージーランドスタイル》の 
        南関豊永ファーム 2期工事完了

 
 
10月17日から約2週間かけて、《ニューガイアキウイファーム6 南関豊永》(3.6ヘクタール)の
2期工事が完了しました。
 

2期工事は、ブルース代表が率いるニュージーランドの建設コンサル会社と芝浦建設がタッグを組み、
行われました。
 
 
 
 
本園地は、すべての棚支柱に木材を使用するニュージーランドの園地構造を採用しています。
 

 
 
 
 

支柱設置を中心とした1期工事に対し、今回の2期工事は『アグビーム』と呼ばれる鋼材を横列に設置し、
その上に複数のワイヤーを張り、キウイ棚を支える屋根部分を作りました。
 

 
 
 
 

この棚の上にキウイの枝が張りめぐれば、園地構造は完成します。

 

 

 
 
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
 
 
 
11月1日、久富社長の参加のもと、工事完了検査を実施いたしました。
 

 
 
 
 
棚面積をできるだけ拡大するために、外周部にもアグビームを設置するなどの一部修正指示を行いました。
 
本園地の初収穫は2年後の予定です。
 

 

 

 
 

来年以降もニュージーランドスタイルの園地を増やしていく予定です。
 
 


PAGE TOP