ホーム  >  法人のお客さま

電力供給業務

※一社契約の為、電気料金は管轄の電力会社側が決定した金額で購入しなければなりません。
※電力の自由化(一般家庭 … 2016年4月から開始)により、現在契約中の電力会社だけでなく、新たに参入する電力会社からも電気を契約できるようになります。
電気料金の削減

平成28年3月まで、電力会社との電力需給契約は「1需要箇所1契約」の原則で電力会社が独占的小売りをする形態となっており、電力の需給に関して高い専門性が要求され、需要者側から論理的に電気料金の値下げを要求できる状況に有りませんでした。
今回の電気事業法の改正による電力の自由化に伴う望まれる電力契約の形態は、需要家自身が専門性を持ち、量的インセンティブや利用形態の工夫により、電気料金の選択の余地を持つものです。
例えば、既存の電力会社や電力取引所、卸発電事業者、自家発事業者等から、最適な組み合わせを選択しながら購入することです。

経済的負担なし

電力会社変更に伴う初期費用は一切かかりません。

変わらない安定性

芝浦電力は、電力会社(一般送配電事業者)の送電線を利用し、電気を託送供給しております。万一の場合も電力会社からのバックアップ体制を整えておりますので、停電等のトラブル頻度はこれまでと変わりありません。