広報ブログ

九州メンテナンス

2016.03.23

【メガソーラー事業】みやま合同発電所 年次点検を行ないました!

先日、福岡県みやま市にある九州ソーラーファーム7 みやま合同発電所の年次点検が
芝浦グループホールディングス㈱と、㈱九州メンテナンスが主導となり行なわれました。
みやま合同発電所は、敷地面積が10万坪で23MWのが建設した施設でもっとも規模の大きな発電所です。
 

みやま合同発電所
 

通常の点検とは別に行なわれる大事な年次点検。発電が完全に止まっている時にしか出来ない
検査項目もあるため、夕方のミーティングから夜間にかけて点検が行なわれます。
 
RIMG5609

 
VCT盤の点検

 

機器に不備が無いか、ボルトが緩んでないかなど、この暗さの中慎重に進められます。
特高受変電設備の連系盤点検打ち合わせ

 
ボルトの緩み点検

 
清掃風景

 
日々の営業業務のほかにも、このような大規模点検や定期点検を行なっています。
芝浦グループの数あるメガソーラー発電所が安全に稼動できているのは、こういったメンテナンスの
エキスパートの支えによってのものだということが改めて感じられます。


PAGE TOP